息子・娘の素行調査※興信所や探偵の良心的な料金と本当の値段とは

息子・娘の素行調査探偵と興信所
探偵選び、お悩みですか?

原一探偵事務所
調査実績45年以上・即日調査ができる国内最大級規模の探偵社
<公式サイト>
www.haraichi.co.jp/
無料・匿名・非通知で相談できます!
深夜早朝24時間受付中!
フリーダイヤル・メール・チャット可

息子・娘の素行調査の1時間当たりの調査料金

息子・娘の素行調査の1時間当たりの調査料金は、やってもらう探偵社によって大きな違いがあるものなのです。そうはいっても、料金という物差しでは探偵が調査に向いているかどうかという点はわからないのです。いろんなところで問い合わせることだって必須だと考えられます。

例外的に、調査料金の詳細な体系がホームページに掲載されている探偵事務所もあるにはありますが、現在は料金関連の情報は、詳しくわかるようにしていないままの探偵事務所がほとんどです。

予想通りかもしれませんが妻が内緒のはずの夫の浮気に気が付くきっかけのほとんどが携帯電話です。全くかけていなかったロックを使うようになった等、女の人って携帯電話とかスマホの微妙な変容に鋭く反応します。

娘・息子のパートナーは誰かと不倫関係かもなどと心配があるのなら、苦しみから解放される第一歩は、不倫調査で事実確認することです。自分だけで抱え込んでいても、解決方法は決して見つけられません。

話題の不倫調査を重点に、儲け抜きで、迷っている皆さんに豊富な情報を見ていただくための、不倫調査をする前にチェックしておいてほしいかなり便利なお助けページなのです!効果的に情報収集などに使ってください。

浮気していたということについてとぼけさせないためにも、慰謝料を請求したり正式に離婚するためにも、明確な証拠をつかむことがとにかく肝心な点になるのです。真実をテーブルに出すことで、うやむやにならずに解決できることでしょう。

結婚直前の人からの素行調査依頼だって少なくはなく、お見合いの相手方とか婚約者の日常の生活内容などといった調査依頼だって、ここ数年は増加しています。気になる料金ですが、だいたい1日7万から14万円くらいだとお考えください。

最近依頼が増えている息子・娘の素行調査は不倫や浮気も

息子・娘の素行調査
最近依頼が増えている息子・娘の素行調査をするときというのは、厳しい条件での証拠の収集業務などが頻繁にありますから、依頼する探偵社毎に、追跡・尾行のスキルや撮影のためのカメラなどの格差がかなりあるので、前もって確認が必要です。

よしんば「隠れて浮気をしているような気がする」そんな悩みがあっても、仕事をしながら妻が浮気していないかを調べることは、結構ハードなので、結果として離婚にも非常に長い月日をかけなければならなくなるのです。
法律に反する場合の損害賠償を求めるときは、時効成立は3年間だと民法という法律に定められています。不倫の事実を突き止めたら、ただちに資格のある弁護士に申し込めば、時効によって消滅してしまう問題については大丈夫です。

事実から3年経過している浮気の情報や証拠を入手しても、離婚や婚約破棄についての調停、裁判では、優位に立てる証拠としては認めてくれません。最近入手したものでないとダメです。忘れないで。
「妻はほかの男と浮気をしているかも」…そんなふうに疑っているときは、めちゃくちゃに行動せずに、順序良く行動していただかなければ、証拠をつかみ損ね、なおさら不安な気持ちが大きくなることになるかもしれません。

実に約80%が実際に浮気?息子・娘の素行調査

女性の直感に関しては、すごく当たるみたいで、女性サイドから探偵事務所に依頼があった浮気または不倫を理由とした素行調査では、実に約80%が実際に浮気しているみたいです。

費用のうち基本料金というのは、最低限の料金なので、それに加えて費用の合計が決定するのです。素行調査の対象人物がどんな住居なのかとか職業、普段の移動方法でずいぶん開きがあるため、異なる料金になるわけです。
少しだけですが、調査料金の設定などを公開している探偵事務所だって実際に存在していますが、未だ料金や費用ということになれば、きちんと見られるようにしていない探偵社も相当存在しています。

過去には安い探偵の浮気調査というのは

格安の安い探偵というのは使い物にならない

過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。

手抜きをしたってお客にはわからないからです。

ただ、最近はインターネットがあることですし、まともな会社かそうでないかはユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。

値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高いわりに調査がイマイチな会社に依頼したってしょうがないので、質と価格のバランスが良い業者であれば、あとで後悔することもないでしょう。

自分の息子・娘がW不倫、しかも職場って多いんですよね

自分の息子・娘がW不倫、しかも職場って多いんですよね。ただ、知られたところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、解雇することは難しいといわざるを得ません。

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、厳しいお咎めはなしで済んでいるようです。クラス会やOB会では不倫に走るきっかけになることも大いにありえます。

以前ときめいた相手と距離が近づいたり、学生時代のノリで異性であることをあまり意識しないため、距離が一気に縮まります。クラス会や同窓会後に挙動が怪しいと感じるようなら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

 

自分の息子・娘の日常行動の探索

自分の息子・娘を興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。証拠がなければ調査料金の請求もなくて、ラッキーと思うでしょうが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査期間が長引くことが予想される際は受け付けてもらえないこともあるそうです。

さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際はかなりの代金を請求されることもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、浮気の素行調査等で相手にその事実がなかった場合などです。

とはいえ、単純に探偵の調査が至らず証拠をあげられないというケースもないわけではなく、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめ確かめてから契約することはとても大事なことです。
また、探偵や相談員とよく話し合うことが結果を左右するのはいうまでもありません。

探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。

調査会社への代金の支払いについていうと、比較的大手事業者であれば分割払い(クレカかローン)に対応しているところもないわけではありません。
一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、支払いでためらっているのであれば、このような精算方法に対応している業者を探して依頼するのも手だと思います。

どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、もっとも気にかかる問題でしょう。
探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、見積もりなしに契約することはないので安心です。

信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、むこうの事務所の代わりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで打ち合わせさせてもらうのも手です。

不当な契約の強要から身を守るための手段です。

パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。

プロのアドバイスを受けつつ、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。不倫という許しがたい理由でパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、自分の人生なのにポジティブになれないことも多いようです。

離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、証拠さえ入手すれば、後はとことん相手を追い込んでやることができますからね。

それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。

職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。

とにかく話を聞いてみなければ、安心して任せられる業者かも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。

想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、浮気の追跡調査です。

そんな仕事を例に、プロの仕事を取り上げてみました。標準的な不倫調査としては、依頼者から得た情報を元に相手を追うことから始まります。

対象に気づかれては元も子もないので、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

興信所に浮気調査を依頼すると、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で調査をすることも、ないわけではありません。

相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。行動と場所と時間のパターンを分析した上で、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査をして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。
また、社外秘としてクライアントでさえ知ることができない調査方法もあり、結構ハードな世界のようです。

資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、一定レベル以上のスキルが要求されます。

ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもないわけではなく、注意が必要です。

価格に見合った技能を持った探偵が調査することが成果に

 

価格に見合った技能を持った探偵が調査することが成果につながるのは言うまでもありません。
あきれた話なんですが、夫の浮気は初犯じゃなかったんです。入籍する前から学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。

根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気性って言うじゃないですか。

それにしても妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。
一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がありませんし、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。
同じような浮気調査でも、その代金は興信所や探偵社ごとに変わってきます。
一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、契約前にいくつかの会社で見積りをとり、説明を受ける方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、なるべく詳細に説明しておくと、調査の無駄を省くことができ、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。ホームズやポアロは別として、探偵といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。調査対象に内密に行動を追い、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。

 

調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを先読みして予測しなければいけません。予想しえないことに備えて動くのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。

 

業界で名の知れた会社が100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業者の場合は大手のほうがリスクを避けることができるのでオススメです。小さな事務所の中には、調査も満足に行わないうちに高額な料金をとったり、料金が不明確だったりする会社もあります。

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。

不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。

不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、肉体関係があることを言うのです。
不倫であればパートナーとその交際相手に代償として慰謝料を請求することが可能です。怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って浮気の確かな証拠を入手し、賠償請求を相手に突き付けることにより懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つことにも役立ちます。

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。
100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。どう言い繕ったところで自分の幸福のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情がばれるの怖さに嘘をついてやっていくのですから疲れるでしょう。

不倫相手と結婚したって、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。
しかし、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。パート、PTA、習い事など、女性なりに出掛けるシーンは数多く存在し、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、夫や子供がいても、浮気する人はするんです。最近は、妻の不倫というのも増加傾向にあり、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが増えているようです。

ほんの出来心であろうと、不倫の対価はけして安くはありません。
まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも変わるでしょう。しかし、結果的に離婚せざるを得なくなったり、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。

軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償わなければいけないのです。探偵を頼んで調査してもらう際は、あらかじめクチコミ等を調べておくことを強くお勧めします。悪い口コミが入っているようなところは、見積り時の説明が不十分だったり、満足な調査をしていないこともあるようです。

 

悪質な請求をつきつけられる可能性も

ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、悪質な請求をつきつけられる可能性もないです。

不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、そうでもないです。いくつかの大手探偵社の場合、代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている業者も少なくないですから、調査対象である配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。

性別にかかわらず不倫している人は、鬱状態に陥りやすいようです。
その背景にあるのは、恒常的なストレスがあげられます。

交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などをかかえこみやすくなり、やがてメンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
そして、裏切られた配偶者もまた、情緒不安定や不眠などの症状が見られます。

なんとなく不倫の気配を感じたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。

最も確実な浮気の証拠は、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠をゲットするのは危険も伴いますし、興信所を活用することも検討すべきです。

たとえ不倫調査という正当な理由があっても、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、発注者に情報提供する探偵の仕事というのは悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。2000年代中頃にこの法律が制定される前は、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの問題を防止するべく制定されたものです。

興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースがあるのをご存知でしょうか。

初めて探偵の仕事を依頼するのですから、活用して損はないと思います。相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する助けになるでしょう。先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、頭の中でもやもやしていた問題を整理することもできます。もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するのも手です。家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、信頼できるかどうかもわからない会社に極めてプライベートな調査を依頼するのは、どうしたって不安なものです。

リスク軽減のために、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。悩みを抱えていて、もし探偵業者がそれを解消してくれそうなら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。

所在地や取扱案件などの企業情報は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。受付専任のスタッフがいて、だいたいの費用の目安の見積りが出てきます。費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈夫です。

見積りをもらってから、価格と調査内容を照らしあわせて考えてみると良いでしょう。あとから内容の変更も可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました