探偵を雇いたい!知っておくとお得な「探偵の雇い方」お金はいくらか

探偵を雇いたい!費用はいくら?

探偵 雇う 値段
探偵を雇うには費用がかかります。いくら料金がかかるのが気になるところです。

もちろん浮気の証拠をおさえるには探偵事務所や興信所業を行っている事業者に依頼するのが一般的かつ確実だと思います。きちんとした会社に仕事を依頼するには、いくつかのところの不倫調査の費用が「いくら」かを比べてみるのがコツです。

探偵を雇う依頼内容によって費用は変わるものの、その上限ぐらいはおさえておきたいところです。

不当な高値請求の業者を見分けるには大事なことだからです。

調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって増減します。行動調査(不倫など)の場合でしたら、作業時間を1時間とすると相場的にはだいたい2万円ぐらいです。相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、業者に相談して見積りをとるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。なんとなく不倫の気配を感じたら、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。

やはり安かろう悪かろうということがありますからね。

契約する前に、信頼に値する業者なのか、適正な料金かのかもチェックしておかなければいけません。

不貞の証拠を取る調査で興信所を利用するなら、標準的な価格相場ぐらいは知識として身に着けておきましょう。

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者だってないわけではありませんから注意が必要です。

さらに、見積り時点では安くしておきながら、規定外作業や割増時給だの、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、契約前に料金の発生条件について、確認しておかなければいけません。

たとえ大手だからといって絶対的に優秀だとは言い切れませんが、探偵事務所や興信所業者の場合は大手のほうが間違いが少ないです。

中小にも良い会社はあるはずですが、中には満足な調査をせずに完了したと偽り、代金の支払いを求めてくる会社や費用の説明が不十分なところもあるからです。

それとは別に、相談した際の職員の対応なども良い検討材料になりますね。調査会社に探偵事務所や興信所を依頼する時に心配なのは、やはり総コストではないでしょうか。

探偵を雇いたいなら1日のみ探りを入れたいケースでの必要経費

探偵を雇いたいときに探索するまでのお困り事で、「1日オンリーのみで捜査・尾行をしていただけないのでしょうか?」かのような依頼者や利用者によってのお悩み事を頂戴するケースが存在します。

1日あたりだけの内偵を要求されているご利用者様については、別の会社様とお金の面でもめ事されたり、時間に余裕のないお確かめをお望みしておられる顧客や、 いずれにしても1回限り分析をしてみようという試験運転で捜査をご要請なさっているご依頼者が多く見られるように感じます。

そういうわけでこの度、1日当たりだけ検証をしたのなら価格帯において、パターンをピックアップしてスムーズにご案内を行なわせていただくことにしようかと考えます。

ごく普通の探偵事業所の1日あたり探索の具体的な例

※標準的な探偵事務所が不貞調査を1日当たり(7時間)したというのならばの探りコスト。

ココの費用に必須経費を加算したトータルコストが一日の捜査ご予算になるわけです。

こういったお値段はあくまでもごく普通の探偵事務所の例えとりますが、1日当たりのお金の面をご覧になり、割高だと考えただろうと思います。

そう言われれば、1日当たりだけに限られた探査でここまでの価格帯になったら、高額と口にしてしまうのも当然でもっとも。

1日当たりだけの浮気調査や人探し調査でコストが高値になる原因として、調査を担う期間が長時間なったら応じて調査コストは高くなります。

さらには、調査担当者の人の数も基本3名以上のスタッフで調査するのが通常のため、その中の増加した調査担当者の換算でご予算はプラスされることがおきます。

いくらかかっても探偵を雇いたい!不倫相手を特定する

不倫の証拠を掴むために探偵事務所や興信所まで雇って(費用はかかりますが)、やっとのことで浮気を止めることができたとしても、再び浮気する人は一定数いるようです。

連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メール履歴などで浮気が再燃したことがわかるわけです。

その前の浮気に対する処罰が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応も考えなければなりません。

有責配偶者の夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、初めて探偵事務所や興信所業者を利用しようというときは、価格の安さが気になりますよね。ただ、理由もなく安い場合は気をつけた方がいいです。

探偵を雇いたいケースとして不貞行為があったために家族会議でも離婚話が進展せず、家裁での調停に持ち込まれるケースは少なくありません。

裁判所から任命された調停委員が加わったうえで公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当事者のみではもつれがちなことでも、ソフトな雰囲気の中で話が進行するため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。

緊張せずリラックスして臨みましょう。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、実親や配偶者に妊娠を望まれたというのが実は結構多いのです。

自分とのことを考えてくれている人に対し、良心の呵責を覚えるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。

それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。

探偵を雇い決定的な不貞の証拠で慰謝料を

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても思うような結果にならないかもしれません。パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。

そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。

思いこみで裁判に負けることは不本意ですよね。

ですから、裏付け調査を探偵事務所や興信所を雇うことをおすすめします。一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、対象と近すぎる間柄の人が行うと、調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。

探偵社に頼めば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に目的を完遂することができるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。

向こうが証拠を押さえていたら、言い逃れはできないです。

慰謝料の額は実際、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと幅があるようです。

その額で難しいときは、現実的な支払額になるよう相談するのも良いでしょう。

ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面につきるでしょう。もちろんシロウトでも撮影はできますが、証拠としては使えないレベルであることが少なくありません。

ちゃんとした証拠として使えるような写真を撮影しなければ意味がないので、最初から興信所などを手配するほうが確実だと思います。

 

 

不倫行為の証拠といえば、やはり、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判で確実に証拠になるようなものを得るのは危険も伴いますし、探偵事務所や興信所業者に依頼することも検討すべきです。

不倫は略奪愛などと言われますが、けしてハッピーエンドになることはないそうです。

100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。

どう言い繕ったところで自分の幸福のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、いつかはばれるのではと怯えて生きていかなければいけないでしょう。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、いつまた不倫に発展するかと思うと安らかな気持ちには到底なれないでしょう。

探偵を雇う費用をクレジットカードでも支払いできるところ

興信所を利用するにはお金がなければダメということはないです。規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。明細書の記載に配慮した会社も多いので、カードの使用明細によって調査会社を使ったことが配偶者に分かることはありません。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、それだけ信頼性も高いということです。

  • VISA(ビザカード)
  • MASTERCARD(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • AMEX(アメリカンエキスプレス・アメックスカード)
  • DCカード
  • 楽天カード
  • イオンカード
  • セブンカードプラス

探偵事務所や興信所業者に浮気の調査を依頼するときでも、個人情報を教えるのは気が進まないと思う人はけして少なくありません。依頼に先立っての相談段階では詳細な個人情報は不要という会社もかなり増えましたし、そうした心配は要らないと思います。

でも、仕事として発注する場合はどのような会社でも契約が必要です。必要最低限の個人情報の提供は了承していただくほかありません。

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵事務所や興信所を雇って調査するというドラマやマンガって、そんなに珍しいものではありません。

物語に登場する探偵事務所や興信所の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、自分でもできるような気がしてしまいますが、実際には相手や周囲に気取られないよう追跡したり写真を撮影することは、簡単な仕事ではありません。調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、その道のプロである探偵事務所や興信所社に任せることを強くお勧めします。

時々、探偵事務所や興信所社で素行調査を依頼したあと、請求トラブルに発展することがあります。

あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、あわてて契約の解除をしようにも、違約金を請求されることもあるのです。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。

むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくることは充分考えられます。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、あちらが離婚しないか、したかによって大きな違いがあります。その時点で離婚していないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしてください。ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、調査をしてもらうときは料金がつきものです。

同じ調査でも調査員の業務内容により、見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

単純そうな行動追跡でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。

ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで費用は変わりますが、普通に考えて、長時間となる作業なら、費用も多く見込まなければいけません。