不倫関係に終止符をうたせるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、

不倫関係に終止符をうたせるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、不倫の慰謝料を求めるというのが一番です。

浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、悪いことをしている感覚はあまりないという実態もあります。

代償としての慰謝料を要求することにより、自分たちがしたことを実感させるというわけです。浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼するとき、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、第三者(依頼主)に報告する調査業自体、悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。

ご心配なく。

探偵事務所や興信所業法を遵守していれば違法ではありません。

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵事務所や興信所の業務に関する全国共通の規定というものがなく、不当な行為を働く業者によるトラブルを防止するために定められました。

本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫行為の代償というのは安くは済まないでしょう。とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで大きな差が出てくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。不倫はバレたら最後。一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして今後の生活を送ることになります。やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう例も少なくないようです。ひそかに不倫しているところを見られて、しばらく自粛状態が続くのですが、またしても我慢できなくて浮気する危険性もあります。あやしい素振りを見せたら、探偵を雇って行動調査をしてもらって、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、責任をとらせるべきではないでしょうか。夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。

有責配偶者の夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

しかし先週、両方の家族同士で話し合った末、離婚が本決まりになりました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていかなければなりません。メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、間に弁護士を挟んで、有責配偶者の夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、安全のために公正証書を作成しました。

探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、従来は発信機がありましたが、最近の探偵事務所や興信所社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど追跡性能が向上しました。

最近の高性能GPSというのは正確で、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ相手車両の発見は容易になりました。

そんなGPSを設置できれば、追跡調査の確実性は著しく増すのです。

探偵事務所や興信所業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。

探偵事務所や興信所がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で取り上げてみました。一番多い手法としては、事前にクライアントから話を聞き、相手を追うことから始まります。

相手が警戒していることもありますから、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。興信所を選ぶ際の指標となる探偵事務所や興信所能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、機材や調査手法の刷新に余念がなく、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。

著名な探偵事務所や興信所社は相談員や調査員の教育にも積極的で必然的に仕事の品質にも表れてくると思います。いまどきの探偵事務所や興信所業界の傾向として、無料で相談に応じてくれる場合もあるようです。

大事な案件を発注するのですから、時間をとってでも利用しておきたいですね。

相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する指標になるからです。

親戚でも友達でもない第三者に相談することで、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて仕切り直しできるので、おすすめです。素行調査で探偵社を使うときは、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、料金請求時に安く済むでしょう。なんでもかんでも探偵事務所や興信所にまかせてしまうと、肝心の証拠を掴むまでに手間ひまかけてやらなくてはなりません。生活を共にしていればわかることだって多々あるでしょうし、記録やリサーチにいそしむのが良いと思います。

実際、不倫行為にはまっている人は、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。

その背景にあるのは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。

どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを感じることが多く、精神面や体の不調として出てきます。浮気している方がそれだと、当然、残されたパートナーだって不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。

僕の会社の後輩なんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、相手を訴えてやると思っているみたいです。わからなくもないですが、それには裁判費用が要ると聞いたことがあります。写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、浮気の慰謝料を要求した上、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと言ったのです。

まずは冷静になることですよね。配偶者の不倫行為により、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、浮気していたという証拠がなければいけません。

一例を挙げると、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、二人でラブホテルを利用している写真や動画、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが証拠として採用される例もあります。同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では解雇はできません。

とはいえ、就業規則上の、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという部分をもってすれば懲戒も可能ですが、まあ現実では訓戒程度で、それ以上の処分にはならずに曖昧に済まされることが多いです。

不倫していたことが問題になって家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停が必要になるケースは少なくありません。とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。

あまり怖がる必要はないでしょう。

中堅どころの探偵事務所や興信所社に探偵事務所や興信所として勤務している者です。

最も依頼が多いのが不貞の証拠を取る調査です。

しっかりした裏付けを得るにはそれなりのワザとカンを不可欠です。

地道といいつつも予想外の出来事は多く、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。

不貞の証拠を取る調査をしていることが相手やその関係者に知れると、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、常に細心の注意を払うことは言うまでもありません。

調査料金を探偵事務所や興信所に支払うときは現金でないといけないということはないです。規模の大きな探偵業者では代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。利用明細にはそれとわからないような表記を採用している会社も少なくないので、調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。

クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、良い業者の目安ということにもなります。

探偵事務所や興信所がしている仕事(行動)として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。

調査対象に内密に後を追って、依頼人の求める証拠を見つける調査です。

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりません。

相手の不定型の行動に迅速に対処するのが「ごく普通の探偵事務所や興信所」の業務です。

素行調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人情報を教えるのは気が進まないというのは珍しいことではありません。

依頼に先立っての相談段階ではおおまかな情報のみでOKという探偵事務所や興信所社が現在では増えています。

それでも最終的に調査を依頼するときにはどのような会社でも契約が必要です。ある程度の個人情報が知られることは受容していただくことになります。

もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。

そのときは、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。

あれは、した人間の方に責任があるのです。

精神的にはまだまだ慰めにならないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。

無料相談

Posted by kurimomoto