人妻って浮気しないものと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ちょ

2021年5月22日

不倫相手に裁判を起こしたい友人

 

人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、不倫相手に裁判を起こしたいと言っているのです。

しかし訴訟というものには訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、浮気の慰謝料を要求した上、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと助言しておきました。

パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、相手にバレたりしないか心配になりますよね。

探偵事務所や興信所というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、調査対象にばれるようなことは、極めて少ないといっていいでしょう。

また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、相手が用心してしまうというケースもあります。

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、自然な振る舞いを心掛けるようにしましょう。

 

浮気の尾行調査の費用と相場

 

浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、業者によってかなりの違いが出てきます。

安易に一社に絞り込まず、あらかじめ複数の業者で見積書を提示してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、あらかじめ調査員に細かく教えておくと、調査時間の短縮になる上、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。

業界で名の知れた会社が100パーセント素晴らしいとは言いませんが、比較的規模の大きな探偵事務所や興信所社を選ぶとリスクを避けることができるのでオススメです。規模の小さな会社では、満足な調査をせずに完了したと偽り、代金の支払いを求めてくる会社や費用の説明が不十分なところもあるからです。

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、良い検討材料になりますね。身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、インターネットで調べてみたんですけど、該当サイトがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。問い合わせは複数の会社に行い、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる会社に頼むことにしました。

いくら浮気を疑っていても、あれだけの証拠を目の当たりにすると、さすがに落ち込みました。調査業者を選定するときに気になってくるのが、総コストではないでしょうか。

コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。

浮気の調査のときは、1セット60分で作業するときの平均は、だいたい2万円ぐらいです。安ければいいというものでもないでしょうから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが一番早い方法だと思います。

探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能ということはないです。全国展開している大手などではクレジットカードでの決済に対応しています。

明細書に記載される表示に配慮している業者も少なくないですから、調査をしたことがパートナーに気付かれる恐れもありません。カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

浮気するのは男だけと思ったら約3割は

浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。町内会や仕事先。子供や自分の習い事。人妻だって出掛けるシーンは数多く存在し、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

近頃は女性の浮気が伸びてきているせいか、探偵事務所に相談に訪れる男性も珍しくもなくなってきました。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは充分考えられます。普通、慰謝料で請求される金額は、向こうが離婚したかどうかで変わってくるものです。

仮に離婚せずに一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。浮気と不倫。

違いがあるのをご存知ですか。

不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、体の関係を持つことを指します。もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料を求めることができます。

不倫の証拠を取り、慰謝料の賠償請求へ

怪しいと思ったら興信所や探偵事務所や興信所を雇ってパートナーの不倫の証拠を握った上、賠償請求を相手に突き付けることにより冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるというケースも多いです。

浮気していたことがわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気の証拠が不可欠です。一例を挙げると、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として認められるケースが増えました。

探偵事務所や興信所社には調査報告書というものがありますが、業者ごとにスタイルはさまざまです。

とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに使われるなら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できて高品質な調査報告書でないと困りますよね。

あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、目的に合った事業者を選定する必要があるでしょう。探偵事務所や興信所社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは違いがありません。

共によく扱うのは、離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのが不可欠です。

もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

それに、慰謝料請求時にもきっと役に立つはずです。

もともと混同されがちな探偵事務所や興信所業者と便利屋ですが、両者には大きな隔たりがあるんですよ。

便利屋・別れさせ屋は所轄する官庁がないモグリ探偵です

便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、興信所や探偵社のほうは、その地域の警察署を通して公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵事務所や興信所業開始の認可を受ける必要があります。

きちんとした法律に定められているくらい大事な個人情報を扱えるのが探偵事務所や興信所社なのです。パートナーの不倫で悩んでいるなら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、料金の発生しない無料相談を活用すると安心で良いでしょう。

浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、いきなり知らない相手に不貞の証拠を取る調査をしてもらうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。

そうした心配を解消するために、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。

 

もしかして元カノかと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、いまだに踏ん切りがつきません。

 

探偵事務所や興信所業者を使って素行調査をするなら、標準的な価格相場ぐらいは知識として身に着けておきましょう。相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者もあるからです。さらに、見積り時点では安くしておきながら、よくわからない諸経費や天候割増など、多数のオプションが付加されることもあるため、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。そんな身勝手な行動を放置するというのは不可能でしょう。浮気の証拠といったら、やはり一番にあげられるのは携帯(スマホ)ですね。肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。

相手の不貞行為が判明した場合は、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。ただ、気持ちが鎮まったら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。浮気なんていうものは、道義上許されない行為です。

精神的にはまだまだ埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、請求しましょう。

パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが調査しやすく費用も抑えられます。わかっていることまで探偵事務所や興信所に調べさせると、浮気の確証を得るまでに余計に時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。隣にいれば自然と気付くことも大いにあるはずですし、記録やリサーチにいそしむのが良いと思います。