探偵事務所や興信所の看板を掲げるには特に資格や免許などは不問といって

2021年6月20日

探偵事務所や興信所を開業する資格は必要?

探偵事務所や興信所の看板を掲げるには特に資格や免許などは不問といっていいでしょう。

ただし、

2007年に施行された探偵事務所や興信所業法にのっとって、少なくとも探偵事務所や興信所業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、届出書を公安委員会に提出したあと、探偵事務所や興信所業届出証明書の交付という許可を受けることが開業の大前提となります。野放しというわけではないのです。

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくるのは覚悟しておかなければなりません。

気になるのがその金額ですが、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。仮に離婚せずに多額の慰謝料を請求してきたときは、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしましょう。

スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気がバレたというパターンが増加しています。

スマホが主流となっている今、ラインなどのSNSやメールにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えるのが妥当でしょう。

わざわざロックしてあったりしたら、不倫の証拠はスマホの中にあると思われます。警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと言うのです。

気持ちは分かりますが裁判となると訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと言っておきました。

探偵事務所や興信所と便利屋と別れさせ屋

探偵事務所や興信所と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

答えはノー。双方には明らかな相違点があるんですよ。便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵事務所や興信所の業務を取り扱う会社の場合は、所管の公安委員会あてに、探偵事務所や興信所業法に則って開業届を含む書類一式を提出し、探偵事務所や興信所業開始の認可を受ける必要があります。こうした手続きを踏んで、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵事務所や興信所業です。

興信所や探偵事務所や興信所選びで迷ったら、そこで目安になるのは「地域」です。誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域を頭の隅に置いて、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。

そこそこ絞り込みができたら、電話で相談員に相談しましょう。

とにかく話を聞いてみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんて知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。

探偵事務所や興信所に素行調査をやらせる場合、個人情報を伝えることなしにしてもらうことは不可能ですから、誠実な会社に頼むべきです。

オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、意図しないトラブルに発展することがあります。失敗しないよう、契約する前にネットの評判などを調べてみて、誠実そうなところを選ぶことです。

近年は技術改良が進んで、個人でもGPS機能を使えば浮気を簡単に見つけられるようになりました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使用させることにより、今いる場所を特定できてしまうのです。

それで罰則があるというわけでもありませんし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。

不倫された事実に気づいたときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。

「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。

あれは、道義上許されない行為です。あなたの胸の内では本当の解消には至らないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。

別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思われるかもしれません。

けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、男だらけの職場でも無関心でいてはいけません。

そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。もし疑いをもつようなことがあれば、不倫の調査に詳しい探偵事務所や興信所業者に依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。

有責配偶者の夫は7つ年上で社宅住まいです。

有責配偶者の夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、最終的に離婚という結論が出ました。

親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てていくわけです。有責配偶者の夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、有責配偶者の夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。

たとえ調査内容が同一でも、素行調査の代金は探偵事務所や興信所社次第で結構な違いが

たとえ調査内容が同一でも、素行調査の代金は探偵事務所や興信所社次第で結構な違いがあるようです。一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、多少面倒でも複数の探偵事務所や興信所社で調査費用の見積りを出してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不貞の証拠を取る調査の対象者について知っている情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。

普通の生活では興信所や探偵事務所や興信所を使う機会はないものです。

いきなり不貞の証拠を取る調査を依頼したいと思ったところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは当然とも言えます。業者は公安委員会に届けを出す必要があり、申請が認可されると認可番号が交付されます。

きちんとした業者かどうかは、この番号を見れば確認できます。

少なくとも会社のサイトや広告等に番号の記載があるか確認しておくようにしましょう。複数の探偵事務所や興信所業者が存在する以上、競争というものが発生します。

その中で、超リーズナブルなコストテーブルや一律価格を謳う会社が増えてきました。

そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあり、あとになって料金が割高になることもあるので、調査を依頼する前に、そういった疑問点を解消し、請求トラブルにならないようにするべきです。

探偵事務所や興信所業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。

そんな仕事を例に、プロの仕事を取り上げてみました。

一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。何日も調査しても経費がかさむだけですから、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。

テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵事務所や興信所を頼むときは、探偵事務所や興信所会社に依頼するのがもっとも確実です。納得できる会社を見つけるには複数を比較することが大切です。

調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは知っておきたいものです。

法外な請求をしてくるような悪徳業者にはまらないようにするためには必要なことです。

パートナーに不倫行為が発覚すると、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、圧倒的に不利な立場になります。

請求額は概ね、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、かなりの違いがあります。

自分に払える額でなさそうだったら、減額が可能かどうか相談してみるのもありでしょう。

最近不審な電話があるので有責配偶者の夫の浮気が気になり、友人宅のPCを借りて探偵事務所や興信所社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。問い合わせは複数の会社に行い、応対が優れていて値段も高くない興信所に調査を依頼しました。わかってて依頼したものの、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはさすがに落ち込みました。

どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。でも、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。

町内会や仕事先。

子供や自分の習い事。人妻だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。近年、浮気する女性の数も増えてきていて、不倫調査で探偵事務所や興信所社を訪れる男性は多くなっているようです。

婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事は可能です(民法779条)。

いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。

なかなか認知されない場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。子供なんて出来てしまったら大変ですから、不倫関係を絶っておかなかったら、今後の人生設計にかなりの不利益を被る危険性があります。