僕の会社の後輩なんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気して発覚した

2021年9月9日

単身赴任中に妻が浮気していた

僕の会社の後輩なんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと言うのです。気持ちは分かりますが裁判となると相応の費用もかかるでしょうし、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと提案してみました。男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。
しかし、女性も浮気しますよね。
同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが出会う機会なら色々あり、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。
最近は、妻の不倫というのが伸びてきているせいか、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が多くなっているようです。
よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。
自己中心的な考えで、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれたら終わりと不安な思いをしてやっていくのですから疲れるでしょう。
不倫相手と結婚したって、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。
どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。
たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と言う人も、いないわけではないです。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為と認識されます。順風満帆な結婚生活を続けたければ、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は、しないほうが良いです。

不倫の疑惑があるからといって調査まですることはない?

不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと思っている人は少なくないでしょう。
けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女性の気配のないような会社でも無関心でいてはいけません。そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。
もし疑いをもつようなことがあれば、浮気調査を探偵にしてもらえば、いたずらに心配せずに済み、気持ちの上でも安らかになるはずです。
探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。

話をしに行っただけで過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意すべきです。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは、悪徳業者にはよくあることです。

誠実な探偵業者は人を不安にさせるようなことはしないはずです。スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気がバレたというパターンも増えています。

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に配偶者(夫・妻)の浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えられます。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思われます。
警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

興信所や探偵を雇って浮気調査をするなら価格を

探偵業者を使って浮気調査をするなら、妥当な価格というものをあらかじめ調べておきたいものです。
相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者だってないわけではありませんから注意が必要です。それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、規定外作業や割増時給だの、オプションで膨らんだ請求が来ることもあるので、契約前に料金の発生条件について、納得がいくまで確認すると良いでしょう。

調査業務で探偵を雇うときは、さしあたっては電話をかけてみましょう。
電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。
相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約書を交わし、そこから実地での調査が始まるでしょう。いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。

まずは大手や中小にこだわらず、どの地域なのかを中心に、ウェブで検索してみると良いでしょう。
そこそこ絞り込みができたら、電話で相談員に話してみると良いでしょう。現場の人と話をしてみないことには、安心して任せられる業者かも判断しようもないです。
電話から最初の一歩を踏み出しましょう。
以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。手抜きをしたってお客にはわからないからです。現在はネットが普及して、調査内容の信頼度や請求などについてもクチコミ評価などを見て判断することができます。

探偵を雇う値段の安さだけに釣られると失敗しがち

値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高いわりに調査がイマイチな会社へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、費用と実績がうまく合致したところを見つけるのは大事なことです。
もしパートナーの浮気が発覚した際は、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気を鎮めるようにしてください。
不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、離婚と慰謝料といった問題も出てきます。
一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、これからどうするかしっかり話をしておきましょう。浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって追加で料金を請求されたという事例もあります。契約書を見てみると、まともな会社であれば、追加料金について明記されていると思います。
ですから、それをチェックすることは欠かせないのです。
説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約する前に納得がいくまで質問するのもおろそかにしてはなりません。
全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースが増えてきました。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは是非とも活用したいサービスです。誠実そうな業者かどうか判断するのにはうってつけだと思います。
先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を洗いなおすきっかけにもなります。パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、費用を抑制できます。
何もかも調査員にやらせようとすると、浮気の確証を得るまでに余計に時間も費用もかかってしまいます。そばにいれば気付くことも大いにあるはずですし、冷静に観察に励み、記録に残しておくのが良いと思います。公務員の夫は29歳。私も29歳。
7歳の男の子と5歳の娘がいます。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、両方の家族同士で話し合った末、離婚ということで合意しました。
親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていくのです。
私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士さんを頼み、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。
配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、慰謝料が必要になることがあります。婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。
相手がきちんとした裏付けをとっていれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。慰謝料として要求される金額は、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、かなりの違いがあります。
支払いがつらければ、支払いの分割化や金額変更を交渉することもできます。
結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。
専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。
浮気相手と二股かけられていたことでパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、将来に対して消極的に考えてしまうという例も多いです。
離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。浮気していたことがわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。
どのようなものでも証拠になるというわけではなく、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が裏付けとして用いられるケースがあります。
配偶者の浮気を総合探偵・興信所に調査してもらうときは、根本的にどういった目的があるのかを決め、事前によく話し合っておくことが重要です。
別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかを区別して、伝えておく必要があります。
その希望次第で調査員の仕事内容も変わる場合が多いからです。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、まるで病気みたいです。
まさかこんなに出てくるとは。入籍する前から相手も複数。
常習だったんですね。
今さら知りたいとも思いませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。こんなにも直らないなんてあるんでしょうか。許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる価値すらないような気がして、離婚も視野に入れて話しあうつもりです。普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、肉体的な交渉がある場合をさします。配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料の支払いを求めることができます。探偵を頼んで配偶者の浮気の証拠をおさえ、不倫行為への慰謝料を要求することで懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つという手もあります。
広告は見るものの、探偵を頼むことはあまりないですよね。
浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこが良いやらピンとこないのが一般的なのではないでしょうか。
業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。届出をした正規事業者であるかはこの番号で分かるというものです。つまり、業者のウェブサイトに許認可番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。
配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。
あきらかな不倫の証拠というと、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。
個人が不倫の尾行をしたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を得るのはトラブルの要因にもなりかねませんし、その道のプロである探偵を利用することも考える価値があるのではないでしょうか。当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、された側にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。
信頼を裏切る浮気を黙認することはありません。
相手の浮気を裏付ける方法というとすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。
用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。
選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。インターネットで検索してみると総合探偵・興信所や探偵社の評判を知ることができるでしょう。土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で総合評価が良い事業者を選び、相談を持ちかけてみれば、あとは業者に任せるだけで済み、その成果も期待できます。自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵をあたってみると良いでしょう。地域のことをよく知っていれば、仕事を有利に進められますし、報告書の内容がより克明になります。
それに依頼する内容や諸条件によって向き不向きもあるようですし、公式サイトや代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。
不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。
気になるその支払いについていうと、規模の大きな会社ならクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割に対応しているところもあります。
すぐ不倫の調査を依頼したいのに、代金の都合がつかないという場合は、分割OKの事業者を最初から選ぶといいのではないでしょうか。最近は探偵も興信所もその差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じと考えて問題はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。
と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、業者によって異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。
武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、一定レベル以上のスキルが要求されます。
まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。しかし一部の業者では調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあると聞きますので、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。
価格に見合った技能を持った探偵が調査することが成果につながるのは言うまでもありません。