浮気調査を探偵に依頼して不貞の証拠を掴み不倫にストップ

2021年8月11日

浮気調査を探偵に依頼して証拠を掴み不倫にストップかける

浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気する人は一定数いるようです。
帰宅時間がルーズになったり、ふとしたLINEやメールの着信により懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が大事だと思います。
最近不審な電話があるので旦那の浮気が気になり、インターネットで調べてみたんですけど、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。
問い合わせは複数の会社に行い、一番感じが良かったところに依頼しました。
調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはやはりショックでしたね。
浮気を証明する写真といったらやはり、交際相手と一緒にラブホから車で出てくるシーンは決定的です。

もちろんシロウトでも撮影はできますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースがあります。証拠として認められる品質のものを撮影しなければ意味がないので、探偵業者を利用するほうが現実的です。

探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもある

探偵社による浮気の追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。
こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで一見するとオトクに感じますが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査期間が長引くことが予想される際はお断りというパターンもあるようです。

また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)チェックしてみましたが、ロックしてあって、何も得ることができませんでした。泥沼は嫌なので、これは探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、主婦の財布には痛い出費です。

実家に話して借りるかと思いつつ、二の足を踏んでいます。
浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。
それにはいつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。嘘をつく人間というのはカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。

また、簡単な返事で済むところを、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。
隠し事があればあるほど、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。
視線もキョドりますし、目線を追うとよく分かりますよ。
不倫関係に終止符をうたせるには、明確な浮気の証拠をつかみ、不倫の慰謝料を求めるのが、よく効くようです。

不倫の相手のほうではあまり深く考えていないケースも多いですから、賠償を求めることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるわけです。

 

探偵業者を雇うのならメール、電話で相談

これから探偵業者を使おうと思ったら、まず、電話で相談しましょう。
電話を通した相談で感触が良く、細かく相談したいと思ったら、事業所へ行くという運びになります。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、信頼できる会社だと思ったら契約し、探偵による調査が開始されます。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。
なるほど、もっともです。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないと思います。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、肝心の証拠を押さえておけば絶対的に有利というものです。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵に相談する価値はあるでしょう。

27歳の公務員(男)です。
一年前に結婚し、嫁はひとつ年下で専業主婦をしています。この前、あちら側の浮気が発覚しました。妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。修復の見込みがあるのでしょうか。
悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。

このままにしておくつもりはありません。こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、格安価格を売り物にしたり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者もよく見かけるようになりました。

ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、探偵に依頼する際は、契約前に納得できるまで説明を聞き、あとで後悔することがないよう気をつけるようにしましょう。よくあるサービス業の対価に比べると、不倫調査で探偵を利用するコストは高いように感じることがほとんどでしょう。そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、肝心の不倫の裏付けができなければ、無駄遣いもいいとこです。
結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。

しかし、すごい料金をとっていても優秀で良い探偵社であるかというと、難しいところです。
先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。
それも独身時代からいままで、相手も複数。
常習だったんですね。終わったものまで糾弾する気は既にありません。
男の人の浮気って妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。あんな人と人生の伴侶としてやっていく意味がわからなくなったので、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。ホームズやポアロは別として、探偵といえば、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。対象にそれと悟られないよう行動を見守り、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、調査員は対象の動きを見越しておく必要があります。
相手の不定型の行動に迅速に対処するのが探偵の業務です。
相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等をクライアントに報告する探偵業というのは非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。

 

結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さ

平成19年に探偵業法が施行されるまでは、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、不当な行為を働く業者による被害から個人を保護するために制定されたものです。
調査業者を選定するときに気になってくるのが、諸経費や料金のことです。
費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で増減します。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、作業時間を1時間とすると相場的には2万円程度とされています。安ければいいというものでもないでしょうから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが一番でしょう。
2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。
会社概要等は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。
受付専任のスタッフがいて、だいたいの費用の目安の仮見積もりを出してもらえます。
そこまでなら無料のところもありますから、落ち着いて検討してみることも大切です。もし配偶者が浮気していた場合、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。
ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。
時には裁判を起こさなければいけない場合もあるため、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、問題のスムーズな進展を目指していく方が良いかもしれません。配偶者(夫・妻)がすごく用心深い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るということは、至難の業です。
ただ、証拠というのは重要です。
もしあれば、離婚してもしなくても、話を進展させるうえで役に立つでしょう。
配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。
お金はかかるものの、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。
一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。
ウェブを利用することで、そこを利用した人のクチコミ評価などを見ることができると思います。
土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で好評価を得ている探偵を見つけて、相談や事前見積りをしてもらえれば、他より質の高い仕事をしてくれて、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。
W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したことが意外に多いです。裏切っていることに対してあらためて心苦しく感じたり、浮気相手との不毛な駆け引きに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。
また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、以前からの罪悪感もあって、別れを切り出すきっかけになるのです。
男性は外に出るせいか、浮気するものと思われているフシがあります。
しかし、女性も浮気しますよね。パート、PTA、習い事など、女性なりに出会いのチャンスはたくさんありますし、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。
近年、浮気する女性の数が増えているのか、不倫調査で探偵社を訪れる男性は増えているようです。私28歳、夫36歳。小2と幼稚園の子供がいます。つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、いよいよ離婚という運びになりました。
これから女手一つで、この子たちを育てるわけです。簡単なことではないでしょう。
メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書という形で残しました。
夫の浮気が心配で探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。話に出てくる探偵というのは単純で、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう尾行し、写真などの証拠を得るのは、初心者には到底無理です。
先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、対象と近すぎる間柄の人が行うと、調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。同じことでも探偵に依頼すれば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、自分や知人などが調査するより確実に素行調査や裏付けがとれるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。
なんとなく不倫の気配を感じたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。
あきらかな不倫の証拠というと、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。
個人が不倫の尾行をしたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を入手することは危険も伴いますし、探偵業者に依頼することも検討すべきです。総合探偵・興信所や探偵社などを経営する際は、とくに決まった資格や免許等は要りません。
ただ、平成19年の探偵業法の施行により、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を取り付ける必要はありますから、業者選びの目安にはなります。
不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気が明るみに出たという事例も増えてきました。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に不貞行為の一部始終が残されていると考えるのが妥当でしょう。
肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると考えて間違いないでしょう。不倫調査を総合探偵・興信所に依頼する際は、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、時間もコストも削減できます。なんでもかんでも探偵にまかせてしまうと、不倫の裏付けをとるために時間も費用もかかってしまいます。そばにいれば気付くことも多々あるでしょうし、記録やリサーチにいそしむと良いでしょう。
浮気の事実が判明し、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。証拠に採用されるものとしては、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴などが不倫行為の裏付けとして認められることも多くなりました。