探偵業者の選定と雇い方には誰しも迷うと思います。まずは大手や中小にこだ

2021年7月23日

探偵業者の選定と雇い方

探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。まずは大手や中小にこだわらず、地域を頭の隅に置いて、ウェブで検索してみると良いでしょう。いくつか選んだところで電話をかけて、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。

現場の人と話をしてみないことには、探偵社の雰囲気すらわからないですからね。
不倫関係を精算したきっかけでやはり一番多い答えは、浮気の事実が露見したから、ですね。
だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。

最初から総合探偵・興信所や探偵業者などのプロに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。

そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。

素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。でも、今は違います。
インターネットが普及し、劣悪な業者かどうかもブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、質と価格のバランスが良い業者を調べて依頼するのが一番です。

探偵を雇う案件の多くは、不倫の有無を調べる追跡調査

総合探偵・興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫の有無を調べる追跡調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に取り上げてみました。普通の調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って相手の浮気の証拠を抑えるのです。念願だったパートの仕事。
子供が10歳になったのを機に始めたのですが、そこの店長さんと親しくなって、浮気してしまいました。
子育てが落ち着くまではと、まったり主婦ライフを送っていたため、最近、様子が違うと、旦那なりにすぐピンとくるものがあったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められる事態になりました。

興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気調査で相手にその事実がなかった場合などです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、成果が得られないことも考えられるので、興信所や探偵会社のクチコミを契約前に確かめておくことはとても大事なことです。あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することも、良い成果を得るためには重要です。

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。

気になるのがその金額ですが、先方夫妻が結婚を継続するか否かで変わってくるものです。
仮に離婚せずに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、冷静になって、弁護士に入ってもらうようにしてください。

高額な請求をしてくる悪どい探偵社から身を守る

実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのが現実的ですし、効率も良いでしょう。
きちんとした会社に仕事を依頼するには、1社だけでなく複数の業者をみてみることが大事だと思います。
調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は理解しておきたいですね。
高額な請求をしてくる悪どい会社から身を守る予防線のようなものです。
探偵業を営むには特殊な免許資格は求められません。ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出を行い、探偵業届出証明書の交付という認可を受けることだけは省略できません。

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。
不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。
意外とそんな人は多いです。
ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないのではないでしょうか。
不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。

いずれにしても、否定しようのない証拠をつかんでおけば不利にはならないですからね。自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、白黒つけたいと思うなら、探偵業者に調査を依頼するのが最もストレスの少ない方法だと思います。以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、すぐ、不倫かなと思ってしまいました。
相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)ケータイチェックを試みたものの、なんと、ロックしてあって、何も得ることができませんでした。

私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵しかないだろうなと思ったものの、主婦の財布には痛い出費です。実家に話して借りるかと思いつつ、思案中です。総合探偵・興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、別途、代金を請求されるというケースがあるようです。契約書を見てみると、まともな会社であれば、追加料金について書かれています。
したがって契約書にはよく目を通して理解しなければいけません。もし不明な点があるのなら、依頼前に質問して、解消しておくのも大事です。調査業者を選定するときに気になってくるのが、料金でしょう。調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。

浮気の調査のときは、作業時間を1時間とすると

浮気の調査のときは、作業時間を1時間とすると相場的には3万円以下、2万円以上です。相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、直接、業者に価格を問い合わせてみることが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。
実際、不倫行為にはまっている人は、ウツが多いですね。
その大きな要因は、メンタル面での負担が大きいことでしょう。
交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを感じることが多く、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
浮気している方がそれだと、当然、残された配偶者(夫・妻)だってメンタル面の病気になりやすいです。

知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても怖いという方もいらっしゃるでしょう。

相談時に本名を告げるのが不安なら、匿名相談でもオーケーという探偵業者も最近は増えましたから、最初に匿名で話をさせてもらい、これなら良さそうだと判断できたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくというふうにもできます。

不倫の行動追跡調査で、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を顧客に売却する探偵の行動が悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。
探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。
2000年代中頃にこの法律が制定される前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為による被害から個人を保護するために策定されたのです。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。

向こうが証拠を押さえていたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。だいたいの支払額ですが、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなどかなりの違いがあります。
支払いがつらければ、現実的な支払額になるよう相談するのも悪くないかもしれません。探偵に配偶者(夫・妻)の浮気調査依頼した際、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。
探偵はそれを仕事にしているのですから、調査対象にばれるようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。しかし、探偵に不倫調査を依頼することで、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。探偵の報告書を受け取るまでは、いつもと同じように生活するようにしましょう。探偵業といえど競争があるのは事実で、格安価格を売り物にしたり、均一価格でOKという会社もしばしば目にするようになりました。

探偵の広告が必ずしも格安であるとは限らない

ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、契約する前に、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、最終的に割高だった!なんて結果を招かないようにするべきです。
よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。
配偶者や職場に浮気がバレた挙句、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんて場合もあるわけです。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりするといったケースもあります。
金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、心の底から安心して幸せになるという到達点は、ありません。
浮気調査というものは、調査する相手と親しいほど露見しやすいですし、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も無視できないでしょう。
探偵業者でしたら、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、自分や知人などが調査するより確実に浮気の裏付けがとれるはずです。
トラブル回避のためにも利用をお勧めします。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、証拠さえ入手すれば、もう、思う存分、「報い」を受けてもらうことができます。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。家族関係の悪化や失職するなど、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、彼の妻が元カレと不倫していて、相手を訴えてやると言っているのです。
気持ちは分かりますが裁判となるとお金がかかるものですよね。
浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、慰謝料を払わせ、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと提案してみました。
探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないかというと、最近は結構多様化してきていて、老舗探偵社や総合探偵・興信所大手などでは、支払いはクレジットカードでもOKです。
もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている会社も多いので、カードの使用明細によって調査会社を使ったことが配偶者にバレる心配も要らないでしょう。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。特に不倫調査なんて要らないと考える人は多いです。
ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、男だらけの職場でも安心してはいられません。出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。一緒にいて怪しい点があるときは、浮気調査を探偵にしてもらえば、無駄に心配することもなくなるわけですし、気持ちの上でも安らかになるはずです。普通、離婚となると、浮気していた側は子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。
裁判上の親権の判定では、日常的に子と生活を共にしているかとか、育児への関与等に重点を置いて判断します。
つまり、子供の生育に適した環境かを最も重要なことと考えているようです。
よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。自分の欲求のためなら、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれたら終わりと不安な思いをして生きていかなければいけないでしょう。略奪婚の末に入籍までこぎつけても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、ストレスは相当なものでしょう。
配偶者の浮気がわかったら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。
ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。時には裁判を起こさなければいけないこともあるわけで、そうなれば弁護士に相談し、無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。
配偶者が不倫していたことが原因で別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、ついに家庭裁判所のお世話になるケースもあります。
調停の場では家事調停委員を間に入れて裁判所内で協議が行われるため、当人同士や親戚内で話し合うよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むというメリットがあります。
気軽に考えていくのがいいでしょう。
興信所に調査を依頼するには、さしあたっては電話をかけましょう。それがファーストステップです。相談に応じる職員の態度などを参考に、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。そこで契約に必要な説明を聞いて、依頼するという段取りになったら契約になります。
ここへ来てやっと探偵による調査が開始されます。