幾ら探偵であろうと、不倫調査の結果が出ない(出せない)場合も

2021年8月5日

大手探偵でも不倫調査で結果がでないことも

幾ら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。

よくあるのは、浮気の素行調査等で期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。

しかし、調査が未熟なことで満足な結果が出せないときもある理由で、候補に上がった探偵業者の評判を事前にリサーチしておくことはとても大切なことです。

あとは、依頼者と探偵(無料相談あり)がお互いによく話して疑問点を解消することも、良い成果を得るためには重要です。

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。

夫は7つ年上で社宅住まいです。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

しかし先週、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。

幼い子ども立ちは、これからシングルマザーの私が育てていく理由です。夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大切にしたかったので、間に弁護士を挟んで、不倫の当事者立ちに慰謝料と養育費の請求を行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。

有名どころや老舗が一番良いとは断言できないものの、規模の大きな興信所を選んだほうが損はないと思います。

会社規模が小さなところでは、調査も満足におこなわないうちに代金を請求してきたり、別値段をふくむ料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。

また、営業所の相談員の態度なども依頼する上では参考になるでしょう。

探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、無線発信機が全盛だったころもあるのですが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧型の発信機とくらべると明らかに調査対象の追跡性能がアップしました。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、相手車両の発見は容易になりました。外装が目たたないGPSもあるのですから、一度取り付けてしまえば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。

旦那・夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、これは浮気しているなと思いました。もしかして元カノかと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、きっちりロックでガードされていて、見れなかったんです。泥沼は嫌なので、これは探偵さんでしょと、何と無く冷静に考えてしまったんですけど、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、二の足を踏んでいます。資格不問で採用して貰えるのが探偵社ですが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。社員教育の徹底した会社を選ばないと、マニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあるみたいですから、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかも知れません。

費用対効果がある探偵や興信所とは

費用対効果があるプロフェッショナルに調査に入ってもらうことこそ、お金も時間も無駄にしないコツです。不倫行為があった場合、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。

しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いをもつと、自分の立場を主張することに躍起になって、しばしば泥沼化してしまいます。

裁判で決着をつけなければならないこともある理由で、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、問題のスムーズな進展を目指していくのも「あり」ではないでしょうか。

不倫の理由にしばしば挙げられるのは、配偶者(有責配偶者の場合も)との生活のマンネリ化が耐えられないということに集約できるようです。

また恋愛対象になってみたいという気持ちが浮気へと走らせるようです。

浮気を未然に防止するために、二人で歩み寄って、おたがい不満に思っていることは何なのかを話してみて、認識するのが必要ではないでしょうか。ダンナの不倫や隠し子などの探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、そんなに珍しいものではありません。物語に登場する探偵(無料相談あり)のしごとは視聴者にも「想定の範疇」なので、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。

でも、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは簡単なしごとではありません。

調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、プロに任せるのが一番安心です。探偵(無料相談あり)と興信所(無料相談のある)はどう違うのかと質問されることがあるのですが、違いといえばこれといってないと思っていいでしょう。双方とも探偵の業務を行なうという点では違いがありません。不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はないですし、裁判の証拠として差が出る理由でもありません。とはいえ、得意とする分野については事業者ごとに特徴があるため、依頼する前に確認しておいた方がいいでしょう。

不倫調査を成功させるための事前情報

個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をしてもらうことは正直ムリですので、少しでも良い会社を捜したいと思うのは当然です。

安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、未熟な調査能力のせいで予期しなかったトラブルや金銭問題になった例もゼロとは言えません。あとになってガッカリすることがないように、契約する前にネットの評判などを調べてみて、変な業者はふるい落としておくことが大切です。

興信所(無料相談のある)や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあるのです。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで得だと思う人もいるかも知れません。

しかし、ターげっと〜の浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、日数の長期化があらかじめわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。

また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるのですから、利用者の方で気をつけておかなければいけません。興信所(無料相談のある)や探偵(無料相談あり)選びで迷ったら、調査相手には行動範囲がある理由ですから、地域(大阪府など)を意識して、ウェブで捜してみると候補がおのずと絞れてきます。

そこそこ絞り込みができたら、電話をかけて、調査してほしいことを伝えてみるといいでしょう。

相手は専門家ですが、話をしてみないと、誠実そうな会社かどうかもわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。浮気していたことがわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気の証拠が不可欠です。証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、ラブホ入室の瞬間を捉えた写真とか、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。

スマホでのLINE履歴やSNSの書き込み

また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みを証拠採用することも多くなりました。

調査業者を選定するときに気になってくるのが、値段でしょう。

一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって変動してきます。

素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、作業時間を1時間とすると相場的には3万円以下、2万円以上です。実績とつり合ってこそ支払う価値があるのですからしょうし、プロに相談して見積もってもらうのが一番でしょう。

2社以上に聞くとさまざまわかって良いですよ。

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、探偵(無料相談あり)を頼もうとウェブで調べ立ところ、比較ホームページや公式ホームページがたくさん見つかりました。

比較のために何社か連絡してみたのですが、もっとも相談員さんの対応が良かった会社に調査を依頼しました。

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠を見てしまうと、やはりショックでしたね。探偵(無料相談あり)を頼んで調査してもらう際は、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることは欠かせません。悪質なところだと、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、手抜き調査や報告書製作ミスなども見られます。利用者評価の高い探偵(無料相談あり)業者であれば、悪質な請求をつきつけられる可能性もないでしょうし、不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。探偵調査業をはじめようと思うなら、特に資格や免許などは要りません。

その換り、探偵(無料相談あり)業の適正化のためにつくられたいわゆる「探偵業法」によって、少なくとも探偵(無料相談あり)業をはじめる前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出を行い、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可された会社(個人も可)になることだけは省略できません。

安全のためには無認可の探偵(無料相談あり)社は選ばないことです。

探偵(無料相談あり)社で浮気調査をしてもらった際、あとから別途、代金を請求されるというケースがあるようです。契約書を見てみると、まともな会社であれば、別料金をふくむ料金の算定方法がはっきり書かれているはずです。そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解することは、トラブル防止に役立ちます。

もし不明な点があるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが大切だと思います。

どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその値段は、非常に重要な問題だと思います。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかも知れません。

それなら、先方の営業所は避けて、人の出入りが多いファミレスやカフェで顔合わせするという手段もあるのです。

契約の強要といった事態の防止に繋がるからです。

安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し以前の話でしょう。

多少しごとがアバウトだって、新規の依頼人には分かりませんから、無理もないです。

近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、劣悪な業者かどうかも評判を集めるのは可能です。

お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、高いばかりで品質が伴わないところをわざわざ使うような無駄も避けたいものです。

浮気調査の品質と値段の関係

品質と値段が釣り合っ立ところであれば、あとで後悔することもないでしょう。探偵(無料相談あり)を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査して貰ったりを明確にしておくのが非常に大切です。

別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは、はっきりさせておかなければなりません。

依頼している(期待している)内容によって、調査員のしごと内容も変わるので、あらかじめ明確にしておきましょう。普通、離婚となると、浮気していた側は子供の親権がとりにくいと思われているようです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

基本的に親権というのは、生活を共にしているかどうかや育児への関与といった点を見ていきます。

つまり、子供の生育に適した環境かがカギなのです。スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで配偶者に浮気がバレてしまっ立というケースも増えてきました。スマホが主流となっている今、フリーメールをふくむメールやLINE履歴に配偶者(有責配偶者の場合も)の不倫の証拠が隠されているかも知れません。

ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。参りました。うちの旦那さんの浮気って、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。

それも結婚する前からと合わせると浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹が立ちます。そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、浮気癖は直らないって言いますよね。

本能なんでしょうか。まさか、ですよね。

一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす自信もまったくないですし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも個人情報を教えるのは気が進まないというのは珍しいことではありません。初回相談(見積り)までは詳細な個人情報は不要という会社も増えていますから安心してちょうだい。

でも、しごととして発注する場合は契約書を交わすことになりますから、すべてとは言いませんが個人の情報を開示することは受容していただくことになります。

だいたい察しがつくかも知れませんが、不倫関係を解消した理由としてもっとも多いのは、「ばれてしまったから」です。

ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは簡単ではありませんから、そういったことを専門にする探偵会社に相談し、調査してもらうのが効果も高いうえ確実です。

しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

普通の生活では興信所(無料相談のある)や探偵を使う機会はないものです。いざ配偶者(有責配偶者の場合も)の浮気を調べてもらうにも、どこが良いやらピンとこないのが当然です。

探偵業務を行なう事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。

認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、きちんとした業者かどうかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。少なくとも会社のホームページや広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。

パートナーの浮気や素行調査を探偵(無料相談あり)に頼むときは、行動範囲、交友や家族関係、しごと先など分かる限りのことを伝えると、価格を抑制できます。わかっていることまで探偵に調べさせると、不倫の裏付けをとるために手間ひまかけてやらなくてはなりません。

生活を共にしていればわかることだってあるはずですし、冷静に観察に励み、記録にのこしておくと良い結果が出やすいでしょう。

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートをはじめたんですけど、そこの店長さんと親しくなって、つい浮気したんです。長らく子供と家庭だけを軸に、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。

パートだけにしてはおかしいと、旦那・夫も早いうちに気づいたみたいで、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、両家いっしょに離婚。そして双方が慰謝料を請求される羽目になってしまったのでした。