興信所・探偵どこまでわかる?結婚前の過去を合法的に調べる調査がある

探偵を雇うお金がない 無料探偵と興信所
探偵選び、お悩みですか?

原一探偵事務所
調査実績45年以上・即日調査ができる国内最大級規模の探偵社
<公式サイト>
www.haraichi.co.jp/
無料・匿名・非通知で相談できます!
深夜早朝24時間受付中!
フリーダイヤル・メール・チャット可

結婚前の過去で婚前調査の実績があるところを選ぶ

結婚前の過去を調べる婚前調査は、結婚を考えている場合にパートナーの素行調査や過去のことを調べるために行う調査のことで、一般的には探偵や興信所などの調査会社に依頼して調べてもらうことが多くなっています。

婚前調査を調査会社に依頼する場合はできるだけ実績があるところを選んで申し込みするというのが基本になっていますが、実績があるということはそれだけ依頼している人が多いことの現れでもあります。

婚前調査の依頼をする場合に調査会社の実績の有無についてはインターネットでそれぞれの探偵や興信所のホームページに入ることによって過去の実績に関する情報を知ることができるようになっています。

婚前調査の実績があるところを選んで利用する場合の注意点としては実績がきちんと婚前調査であるかどうかということを確認することで、それぞれの探偵や興信所に得意とする調査分野は異なっており、素行調査が得意なところもあれば浮気調査が得意なところ、そして婚前調査が得意なところもあります。

実績がどの調査を指しているのかきちんと把握しておかないと十分な調査を受けることが出来ない可能性もあるので注意が必要となります。

また、依頼したい探偵や興信所が見つかった場合は必ず無料相談を受けてどれくらいの費用がかかってくるのかということや時間的なことについても確認しておくようにしましょう。

探偵や興信所との相性についても調査会社を選ぶ上で考えたいポイントの一つになってきます。

興信所・探偵どこまでわかる?婚前調査の料金が明確なところを選ぶ

興信所どこまでわかる過去と結婚
興信所・探偵どこまでわかる?婚前調査を探偵や興信所に依頼する場合に起こるトラブルとして多いのは料金に関するトラブルですが、当初の予定よりもターゲットの動きが予測の範疇を超えていた場合など調査が遅れてしまうような場合は追加料金の支払いが発生することがあります。

もちろん最初に契約していた料金のままで動かないところも多いのですが、余分にかかってしまったコストを回収しようと追加料金の請求をしてくることがあるのでこうならないようにするためにも契約をする段階できちんと考えておく必要があります。

婚前調査をする場合に費用がどれくらいかかってくるかについては無料相談の場合に概算を出してもらうことができるので調べておくことをおすすめしますが、この際に料金が明朗会計になっているところほど透明性が高く安心して婚前調査を依頼することができる探偵や興信所になります。

また、料金が明朗会計になっても相場よりかなり多額の料金で設定しているようなこともあるので相場を把握するという意味でも複数の探偵や興信所に見積もりをとってもらうことをおすすめします。
今はインターネットを使って特に大手の探偵や興信所であれば実際に利用した人の口コミ情報を拾うことができるので、料金トラブルの有無などを口コミで調べるという方法もあります。

トラブルにならないようにするためにも調査会社選びは時間をかけてでも慎重に行う必要があり、後悔しないように依頼の検討を進めていくようにしましょう。

興信所・探偵どこまでわかる?結婚前の過去

婚前調査の基礎知識
01-01 婚前調査とは?
01-02 婚前調査の費用
01-03 婚前調査が相手に知られる可能性
01-04 婚前調査と素行調査の違い
01-05婚前調査をする人
01-06 婚前調査のタイミング

婚前調査をする前に知っておきたいこと
02-01自分で収集できる情報は集める
02-02 婚前調査で分からないこと
02-03 探偵や興信所ができる調査範囲
02-04 婚前調査の無料相談
02-05婚前調査にかかる時間
02-06 婚前調査のトラブル

婚前調査で調べる相手の昔のこと
03-01 学歴や職歴
03-02 過去のギャンブル歴
03-03 過去の病気歴
03-04 過去の婚前歴
03-05 過去の犯罪歴
03-06 過去の借金歴

婚前調査で調べる相手の今のこと
01 相手の今の状況を知る
02 相手の家族構成を調べる
03 他に恋人がいないか調べる
04 プライベートの過ごし方を調べる
05 交友関係を調べる
06 資金の状況を調べる

婚前調査を依頼する探偵や興信所の選び方
05-01 口コミ情報をチェックする

いま他に恋人がいないか調べる。過去の恋愛遍歴も

婚前調査を依頼する場合の目的としてパートナーが浮気をしているかどうかの調査をしてもらうこともありますが、実際に調べていくと浮気相手が発覚するだけでなく既婚者だったというオチも少なくありません。

この場合は婚前調査というよりも浮気調査の流れで進んでいくことになりますが、基本的に浮気調査になってくると相手が浮気をしている証拠を掴むところがゴールになるのでかかる時間や費用についても案件によってかなり変わります。

また、婚前調査の場合だと依頼する側は結婚してない状態であるため、これで仮に浮気や不倫が発覚した場合も相手に対して慰謝料の請求をすることは難しく、可能なこととしては婚約破棄の事由になるくらいです。

婚前調査をして相手に浮気相手がいる場合は結婚について真剣に考え直す必要も出てきますが、浮気は基本的に癖の一種でもあるので結婚をしてない状態から恋人をたくさん作っているような場合は結婚をしても浮気問題で苦しむ可能性があります。

他に恋人がいたことが調査によって分かった場合のその事実を相手に突き付けて婚約を解消するという方法もありますが、波風立てずに自然に別れるという方向に進めて行くこともできます。

婚前調査をする際に恋人の有無を依頼する場合の費用については思った以上に費用が係る可能性もあるので事前に相談しておく必要もありますが、できるだけ浮気調査の実績があるところに依頼するというのもポイントの一つになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました